柔道・剣道の有段者が特別枠で警察官に

福島県警が、柔道・剣道の有段者9名を特別枠で警察官に採用したそうです。

通常、公務員になるには採用試験を突破する必要がありますが、この特別枠はそれがない、のかと思いきや、筆記試験と口述試験はきちんとあったようです。

おそらく、筆記・後述・実技の配点が一般の受験生とは違っていたのでしょうね。

震災後、除染や廃炉作業の関係者が県外から多数流入するようになり、トラブルや犯罪が増える傾向にあるため、柔道・剣道の実力を備えた警察官を採用し、警察に対する信頼感を高める目的とのこと。

将来は警察官への武術指導を担ってもらう予定だそうです。

いろいろな働き方があるものですね。

しかし、統計を見ると福島県の犯罪発生率は震災後下がっているのですが・・・

人口10万人あたりの刑法犯認知件数は、以下のとおりです。

2008年 2009年 2010年 2011年 2012年
947.4 950.6 951.8 798.1 737.0

※第128回福島県統計年鑑から作成

圧倒的に減っていますよね。う〜ん、謎です。まあ、頼もしい警察官が増えるのは良いことですよね!

出典:福島民報

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク