警察官の仕事のやりがい・楽しさ

勤務が不規則だったり、事件が起こると出勤続きだったりと、大変なことも多い警察官の仕事。

しかし、市民の生活を守る意義のある仕事です。

そんな警察官の仕事のやりがい・楽しさを感じるのはどんなときなのでしょうか。現役警察官の経験談から見てみましょう。

スポンサーリンク

犯罪者を逮捕したとき

社会の秩序を乱し、みんなに迷惑をかけている人間を捕まえたとき、警察官としては最高の喜びを感じることでしょう。

まさに警察の本分と言える仕事を達成したときです。

善良な市民を守ったと感じたとき

上記とも重なりますが、犯罪を防ぎ、市民の命や安全を守ったときですね。

人を守る仕事のやりがいが感じられるときです。感謝の言葉も嬉しいでしょう。

お年寄りに優しく接して感謝されたとき

もちろん市民すべての安全を守りますが、特に弱い立場の人を守るのが警察官の仕事です。

人の役に立ってかけられる「ありがとう」の言葉は何にも増して仕事をやる気にさせてくれます。

子供に尊敬されたとき

犯罪から市民を守り、人の命を守る仕事として、周りの人から尊敬されることもあります。

特に、子供から尊敬されるのは、大人にとって最高の褒め言葉。胸を張って子供に言える仕事というのはよいものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする