警察官の仕事内容

交番

By: merec0

全国どこにでもあり、日々地域の安全を守っている警察。

そんな警察官の仕事内容はどんなものなのでしょうか。

スポンサーリンク

警察の組織と仕事

各都道府県には公安委員会と警察本部があり、その下には警察署、交番、駐在所があります。

ここでは、基本的な警察の仕事の単位となるのは警察署であり、署によって異なるものの、おおむね「地域警察」「交通警察」「刑事警察」「生活安全警察」「組織犯罪対策」「警備警察」の6つの仕事に分かれます。

地域警察

最も身近な存在です。交番や駐在所を拠点に、24時間の交代制勤務で地域の安全を守っています。

パトロール、道案内、相談の対応など、警察の窓口とも言える仕事です。

交通警察

交通ルールの取り締まりや安全運転の指導を通じて、交通事故を防止する仕事です。

道路標識や信号の設置、いわゆる白バイ隊の仕事もこの交通警察に入ります。

運転免許の発行もそうですね。

刑事警察

事件が起こると現場に向かい、現場検証をし、証拠を集め、容疑者を逮捕する仕事です。

いわゆる刑事ドラマの主人公になるのがこの人たちです。

強盗や殺人などの強行犯が刑事一課、詐欺などの知能犯が刑事二課といったようにセクションが分かれて担当しています。

生活安全警察

ひったくり、空き巣、振り込め詐欺などの地域の犯罪に立ち向かう仕事です。

少年の非行や児童買春への対応、補導なども行っています。

組織犯罪対策

暴力団や外国人グループなどの組織ぐるみの犯罪に対応する仕事です。

警備警察

機動隊が配属されているのがこの仕事です。

デモの整理、要人の警護、スポーツ大会や花火大会などの大型イベントの警備、災害時に避難者の避難・誘導・救助を行う災害警備などの警備活動を行います。

ちょっと変わり種

他には、犯罪の捜査において科学的な分析を行う科捜研や、コンピューター犯罪の捜査を行う部隊、経済事件の捜査を行うための会計の知識を持ったスペシャリスト捜査官、警察犬のバディ、音楽隊の隊員など、特殊な職種の人たちもいます。

これらの職は、採用時に特別枠で入るものもあれば、警察犬担当や音楽隊、白バイ隊のように人事異動のローテーションで就く場合もあります。

一口に警察官の仕事と言っても、いろいろあるんですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする