警察官採用試験の受験資格

公務員である警察官には採用試験があり、その試験には受験資格が必要です。

誰でも受けられるわけではないのです。どんな受験資格があるのか見てみましょう。

スポンサーリンク

年齢上限

まず、年齢です。

これは警察官に限らずどの公務員試験にもだいたいあります。

自治体によって少し違いますが、どの自治体も30才が目安になっています。採用基準日に30才であれば、ほとんどの都道府県で受験ができます。

北海道、東北は33才まで受けられるところが多く、その他の自治体は30才が主流、一部で29才や35才にしているところがあります。

日本国籍

公権力を行使する公務員である警察官は、日本国民であることが求められます。外国籍の人は受験することができません。

学歴

試験区分に応じて、大卒見込または既卒、高卒見込または既卒であることが求められます。

身体基準

普通の公務員と異なり、警察官は体が弱くては勤まりません。事件や事故の現場で体を張って働かなければならないのです。

そのため、身長、体重、視力、色覚などの身体基準が設けられています。

自治体によって違いますが、例えば、身長160cm以上、体重47kg以上、視力が裸眼で0.6以上か矯正視力で1.0以上などです。

資格

一般の受験ではない専門職(語学や武術指導など)の場合、その能力を証明する一定の資格が必要なことがあります。

以上のように、受験する自治体や試験区分によって受験資格が定められています。だいたいの基準は同じですが、詳細は必ず希望する自治体に確認しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする